パートリーダーの独り言

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
親ばかを発揮し、気乗りのしない息子をジュニアドラム教室で体験をしてきました。
これだけの楽器を持っているわけですから、根っから嫌いではないのでしょうが、親から言われてやるのは気が進まないらしく、行かない~の連発でした。
しかし、親のエゴを通すべく連れて行きました。
教室の受け持ってくれる先生は中学時代の同級生でありまして、自分は習いたくないけども、子どもならばとお願いをしました。
まず、行ってから気付いたのですが、子供用のスティックを用意するのを忘れていました。
個人的にというか、主観的に短いスティックを余計に短く持って叩かせている幼稚園的感覚が嫌いなので、あえて自分のスティックを持たせました。
それでも、一番短いVicFarthの7Aでチップの丸いやつ。
息子も嫌々ながらレッスン室に入り、ペダルに足が届かないながらも
先生の言う通りに少しずつやっていました。
見ていてとてももどかしく思いながら、口を挟まず見ていました。
相変わらず、テンポが取れずアッチェレランドしていますが、それなりにやろうという姿勢が有ったように思います。
ドラムを叩く楽しさ・・・というかハチャメチャなのですが、それでも彼は、気分がよいのでしょうね。
体験レッスンが終わって、楽しかった・・・との言葉に安堵したバカ親でありました。
5月から月2回、どこまでやってくれるかは分かりませんが、おる程度叩けるようになるまで、続けてくれるといいな~と思っています。
がんばれ息子!
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tohkai.blog2.fc2.com/tb.php/71-a00cee1d
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。