パートリーダーの独り言

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JPC訪問報告

2年ぶりに訪れたJPC。
最近何かとお世話になっているDCを訪ねました。
まずは、関心が深かったPremierのジャズキット。
耳慣れたサウンドが、とっても気持ちよかったですね。
それとBD。
18インチなのに、素晴らしい鳴りに感動。
グレッチ、SQ2のBDもスゲ~と感動のしっぱなしだったのですが、
Premierが一番良く聞こえるのです。
グレッチは、ビンテージのようなドラムとして魅力的なサウンドです。
音色として、素直な響きに芯がしっかり出ていてバンバンというイメージでした。
SQ2は、ベンベン、ダダダと迫力満点。
インパクトが圧巻です。
Premierは、この3機種の中で非常に穏やかに聞こえるかも知れません。
しかし、底から沸き上がるようなドッドッ、ドドドとクレッシェンドをしていくと、バーチ独特の唸るような響きが、18インチのBDから出ているとは信じられないような音に変わっていきます。
これは、SONORでも味わえないでしょう。
次にDCにあるTom-Towerです。
SONORのSQ2は凄かったですね。
好きな方はたまりませんね!
SONOR独特の骨格のしっかりしたサウンドは圧倒されます。
ビーチの分厚いシェルやミディアムと、その良さに感動してきました。
他に、グレッチ、ラディックと聞いてきましたが、やっぱりPremier良いです。
グレッチは、癖のない素直な太鼓の音。
ラディックは、・・・薄い、軽い、味がない。
Premierは、耳に優しく、しかも表情が豊かで沸き上がるような豊かな
サウンドが気持ちよく思いました。
バーチはもとより、メイプルやGEN-Xもとても良くて、バーチは唸る音、
メイプルは、スカッとした素直な感じ、GEN-Xはバーチとメイプルのハイブリッドということもあって、メイプルのような素直な響きにバーチのふくよかさがプラスされたような感じでした。
私的に、GEN-Xも有りだな!と感じました。
録音を前提とした楽器なのですが、生でもとても良い感じです。
今回、Premierシリーズを入れたのは、私が注文した10インチTomを見たからなのだそうです。
世界の代表されるメーカー、人気のあるメーカーをこうやって叩き比べ、聞き比べをするとPremierがどれだけ良い物か再確認出来ます。
ネームバリューだけでランク下に見られがちですが、スペックは世界最高峰だと思います。
ヨーロッパの味、イギリスの国柄を感じる素晴らしい楽器です。
これを、どの楽器よりも最高と思っている私以外なかなか購入する人がいないようです。
お店の方々も、もう納得の仕上がりで、何故売れないのか分からないと言っているほど。
私が叩いても、その素晴らしさは表現しきれないと思いますが、私が広告塔となって使おうと買ってきました。
使用報告は、またの機会にしたいと思います。
birchslassic.jpg

コメント

家に誰もいないのを見計らって、バスドラだけ音出しをしてみました。
併せてEDP-400と組み合わせ、ペダル調整もやってみて、何とかなりそうな感じまで持っていきました。
サウンドは、「もうこれだけでも十分、大きいのはいらない!」と思うくらい。
部屋中、家中に重低音が響き渡ります。
多少ミュートを掛けようかと思うくらいブーン!と鳴ります。
明後日の結婚式場で使おうかと思っているので、余りミュートを掛けすぎると音が吸われてボッ!としか鳴らないので、丁度良いかも知れません。
とにかく、この低音は感動物です。・・・涙出ますよ!
普通に叩きたくなったので、スクールに行って試奏して来たくなりましたので、家の人が帰り次第行ってきます。
EDP-400を久しぶりに使いましたが、調整が難しいです。
純正のビーターからヤマハに替えてみました。

ヘッドが大きくなった分、量感も増えます。
純正よりもアタックが減ってしまうのですが、BDをフルに鳴らす意味でもヤマハの方が良いように感じました。
18インチのBDなので、ヘッドセンターに当たりません。
縮めればシャフトの先の部分がヘッドにぶつかってしまいますし。
こういう時は、多彩な機能が付いたEDP-400が便利です。
センターに当てるのは無理ですが、何もないより使いやすくなるようです。



2007/03/08(木) 15:18:07 | URL | パートリーダー #-[ 編集]

試打してきました。
この楽器は、本当に叩いていて気持ちの良い楽器です。
普通のポピュラーを叩くには、BDの音量が足りないでしょうか。
EDP-400では、オープンの叩き方が難しいので重たいドンが出したい時や、ドドンと叩きたくてもスカスカな音にしかならなかったりします。
DWを使ったらどうかな?
18インチは、ビーターのシャフトが当たってしまうので、どうしたらよいものか。
EDP-400でもっと調整をしながら、考えてみましょう。
スクールのレッスン室で叩いてきたので、先生がやって来ました。
このルックス見て、格好良いね~ぇと言ってくれました。
実際に叩いてもらいましたが、サウンドも気に入ってもらえたようですが、値段が高いのにビックリしてました。・・・ここが難点ですね。
お店の方にも見てもらって、アピールしてみました。
やはり、この音を聴いて悪い評価をする人はいないんです。
ペダルだけ何とかしないと。
2007/03/08(木) 20:45:24 | URL | パートリーダー #-[ 編集]

先週、メンバーの結婚式で初叩き、実践使用してきました。
自分の位置ではどんな風に聞こえるのか分からないので、VTRに納めて聴いてみました。
凄いです。
BDは「ヴェンヴェン」と強烈に18インチらしいくもあり、それ以上の音で鳴ってますし、Tomは豊に粘りのあるドュ~ンといった感じに鳴ります。
BDもTomも非常に豊で気持ちよい音になっています。
JazzKitではありますが、普通に使っても良いくらいでありました。
18のBDがサウンド的に不釣り合いかとも思うところですが、そのフルバンドに入っても負けないだろうと思えるポテンシャルの持ち主です。
自分の印象として、Sonorのような骨格がハッキリしていて、圧倒的なサウンドは生楽器同士ではバランスが取りにくいと思います。
Premierのように、アタックもありながら音色が優しく豊な楽器の方が合いますし、趣を感じることが出来とおもいます。
金管バンドでは、バンド自体の音量が結構大きいので、ドラムの演奏は程良く思いっきり叩けますからドラムサウンドを十分楽しむことが出来ます。
イギリス発祥のブラスバンドでPremierは最高の楽器ですね。

2007/03/19(月) 00:51:12 | URL | パートリーダー #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tohkai.blog2.fc2.com/tb.php/68-8ec2ae9c
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。