パートリーダーの独り言

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今頃になってPremierについて語ろうと思い、カテゴリを設けました。
何故今頃・・・というのは、日本に輸入されなくなる危機に直面しているからなのです。
こんな危機を救えるはずがないのですが、これ程に良い楽器を間近で見られなくなる、新たに買うことが出来なくなるという事は避けたと思いますし、例えそうなっても「こんなに良いメーカーがあるのだ」ということを忘れて欲しくないので、このコーナーを作った次第です。

HPにも書いていますが、Premierに出会ったのは高校1年の時。
最初は、JPCの会報誌の紙面上で。
その後、地元の楽器屋さんで見つけたスネア=Myスネア1号機
そこから私のPremier人生が始まったわけですが、スナッピなど
高くて買えないのです。
高校生には5千円などという大金は、そう易々と出せるわけはありませんし、ヘッドも豆に替えてましたから維持費が大変でした。
でも、そのスネアから出るサウンドは、情緒豊でホール一杯に響き渡る楽器のポテンシャルに虜になっていました。
このスネアは、購入価格5万円ちょっとしたでしょうか。
国産の高級モデルより同じか若干安めの金額でしたが、音はそれ以上でした。
その後も、PremierのTimpaniなどプロオケで使っているのを見ると、耳を凝らしてサウンドを聴いたものです。
そして、現在夢にまで見たドラムセットを手にするまでに至りました。
たまたまヤフオクで安く出品されていたので購入出来たのですが、新品を買うとなると、今でも躊躇してしまいます。
やはり高い・・・。
冒頭に書いた危機というのは、ポンドのレートが鰻登りに値上がりしているようで、輸入単価の高騰に繋がっているそうなのです。
これは、イギリスがバブル期のようで、輸入元のコマキ通商は採算が取れない状況になってきているとか。
それで、輸入元を辞めるという手段もあり得るというのです。
現在も徐々に価格が変動しているようで、小径BDを注文しようと思ったのですが、価格表の値段ではなくレート換算してからということになってしまい予想を上回る金額になっていました。
アーティストシリーズも、発売当初は求めやすい価格でしたが、すでに5~6万値上がりしているとのことでした。
そのうち10万UPの時がくるに違いありませんね。

さて、その長き歴史を持つPremierのドラムですが、過去に様々な著名人が愛用していました。
キース・ムーンは有名で、現在もキース・ムーンモデルがNAMMショーに出品されています。
ほかに、バディー・リッチ、リンゴ・スター、フィル・コリンズ等々。
3年前くらいに、パールとエンドーズ契約をしてしまったバージル・ドナティーなど長年Premier Drumsで活躍をしてきたはずなのに、GretschやLudwigなど他のメーカーになってしまいました。
もし、そのままPremierを使っていたなら世界のPremierになっていたでしょう。
SONORをも凌ぐ大メーカーだったかも知れませんね。
25年前くらいも、とても高価なメーカーでしたから、安いLudwig等に移行したのかも知れません。
あるドラム専門店でも、SONORよりPremierの方が良いですよ!と言っておりましたし、その言葉に私も納得です。
現にSONORのスネアは確かに最良のスネアだと思うのですが、飽きはしないのですがどこか使いづらいといいますか、持て余すような気がして。
Premierは、そういうことが無くいつまででも使っていられるのです。
多少使い分けはしますが、使いやすく安心していられると思うのです。
たまに「Premierのスネア?・・・良くない」という方もいますが、決してそんなことは無いです。
SONORやDW、Gretschに比べれば、ドラムサウンドでない!というかも知れませんが、図太いサウンドではないけれど、音飛びは良いし綺麗な音ですし、他のメーカーには出せない素晴らしいサウンドの持ち主なのです。
このことをもっと理解して欲しいなぁと思っています。
セットサウンドも、非常に気持ちの良い音で、YAMAHAやParlなんて使っていられなくなります。
一度このサウンドを手にしたら、例えSONORでもいらないと思いますよ!
そのくらい良い楽器なのですね。
マイナーで高価なメーカーですから、非常に売れにくいという逆転現象
を引き起こしていますが、だからこそ輸入元も我慢しているとか。
こんな話を聞いていると、悲しくなってきてしまいます。
打楽器を始めてから30年近く、こよなくPremierに信頼を寄せてきた私にとって、これからも良き相棒となるに違いありません。

次回は、JPCのDCでTomタワーを体験してきますので、ご報告しながらPremierについて語りたいと思います。
コメント
プレミアドラム元所有者・元使用者として
東海林様
小生もかつてプレミアドラム所有者・使用者でした。2001年秋に発売開始されたアーティストシリーズの「アーティストメイプル」。塗色は正に宝石その名も「サファイア・ラッカー」。セットの内訳は22"X16"BD・12"X9"&13"X10"TT・16"X16"FTという、ごく基本的な構造です。小生は2001年夏に東京・秋葉原のイケベ楽器リボレ秋葉原店で購入しました。この店はコマキ楽器・ドラムシティに劣らない、在庫豊富なドラムショップです。シンバルを選ぶ際にも、同じ型番商品を4枚も用意してくれて、その中から自分が気に入ったサウンドの物を選ばせてくれたし、送料面もコマキより安く済みました。さてこのドラムは確かにプレミアらしく塗装の美しさには定評があり、セットを組んで少し距離を置いて眺めてみると、宝石のような光沢・美しさにうっとりします。自分の楽器の見た目が美しいと、本当にいい気分になる。ますますその楽器に対する愛情が増す、という経験も管理人様は何度もおありでしょう。発売当時のJPC回報「THE CHECK」コラムではドラムシティ西尾氏がこのシリーズとくにスネアドラムについて絶賛されたコメントが載っていました。「予算が限られているけれどもできるだけ良い物を、という方には最適」「国産プロモデルと比べても決して見劣りしない」「同価格帯の国産モデルと比べ明らかにレベルが高い」「この価格では信じられないほどすばらしいクオリティ」といった旨のコメントでした。
さて肝心のサウンドですが、使用時は購入時についていた廉価版の台湾製レモ「EVVERPLAY」ということとだけでなく、俺のチューニングが下手だったこともあるのか、また当時のプレミアメイプルシリーズの中ではミドルクラスということもあったのか、「まずまずいい音だが、飛びぬけていい音というわけではない」という感想でした。もちろん、ヘッドをアメリカ製純正レモにはりかえ、チューニングをうまくすれば、このドラムセットの良さを最大限に発揮でき、もっといい音・美しい音色に生まれ変われるとは思います。
俺が当時愛読していたリットーミュージック社発行「リズム&ドラムマガジン」にはこの楽器について
「大音量は出せないが、少~中音量までならなんら問題はない」「欠点としてスネアのフープが浅いのでリムショットは不利」という旨のコメントが記載されていました。この楽器の使用回数は本番でたったの2回(しかもそのうち所有者本人である俺は一回だけで、残りの一回は他人が使用)だけで、しかもこのドラムセットの本当の良さが分かる前に突然楽器演奏活動をやめ、某団体に寄贈したので、この楽器の本当の良さ・特徴は正直把握しきれておりません。
管理人様、プレミアドラムについてもっともっと教えて下さい。
2007/06/17(日) 12:20:26 | URL | Tシャツ男 #-[ 編集]
Tシャツ男様
書き込み有り難う御座います。

JPCの会員様とお見受け致しますが、私的には西尾さんの評価が正しいと思います。
大音量が不得意と言いましても、そんなに大音量を出す必要がないと思いますし、p~f の表現は出来ますから問題ないと思っております。

アーティストシリーズは、クラブキットしか持っておりませんし、それ以外の楽器の音を聴いてはおりませんが、クラブキットがあの音だから普通の物はもっと良い音するに違いないと思っています。
しかし、所詮台湾製の廉価版。
本国でハンドメイドされた現プレミアシリーズや、前のジェニスタ、シグニアとは音、素材共に劣って当然な訳ですが、それでも国産の同じミドルクラスとは比較にならないほど優秀な楽器だと思います。
そのことについては、一度お使いになっていらっしゃるTシャツ男さんもお感じになられたはずです。
JPC会報で西尾さんのコメントでもありましたが、プレミアの特徴として、トム、バスドラの音が隠らないことが上げられます。
連打をしても高低が聞き取れますし、FTなどは低くチューニングしたりすると音が潰れてしまったりしますが、全然そんなことはなく、しっかりと低音が鳴ってくれます。
結局はチューニング次第で色々なサンド作りが出来る訳ですが、プレミア特有の柔らかいサウンドにメイプルやバーチの素材の色がしっかり合わさり、柔らかでありながら抜けの良いドラムサウンドを出してくれています。
ソナーやグレッチなどは、非常にパンチのあるサウンドで、あこがれる人も多いかと思いますが、故にパンチがありすぎてソナーは使い難かったりします。
大音量が必要なら大音量が出せる口径の物を揃えればよいと思いますし、他のメーカーにしても良いと思いますが、基本的にハードロックでもやらない限りPAでバランスを取ればよいでしょうし、素で使っても十分の音量は確保されていると思いますから特別気にすることではないかと思います。
台湾レモのエバプレイコーテッドをクリアに替えたりピンストに変えたりすれば、また違ったサウンド作りが出来ると思います。
とにかく廉価版ミドルクラスの割にヘッドを選ばない
こと。
ソナーやグレッチの廉価版キットのシェルは安いシェルを使っているのに対して、プレミアは良質のシェルを採用しているので、プレミアらしさを継承した物になっているのです。
その分値段もひとランク高くなっています。
また、プロドラマーも多くの方が愛用していますから、プロの使用にも耐えうる楽器である証でしょう。

長くなって同じ事を何度も書いているみたいです。
すみません。
まとめますと、とても柔らかいサウンドでありながら、しっかりしたアタックと、しっかり鳴るので、ぼやけることなくバランス良く響きます。
パワー感が少ないのは、しっとりとしたプレミア特有の音色のせいで、パワーがない訳ではありません。
遠鳴りはソナーよりも上と言っても良いのです。
手元で気持ちよく鳴っていて、遠くでもまとまり良く聞こえるという感じでしょうか。

余計くどい話になってしまいました。
参考になりましたでしょうか?
また、お越し下さい。

2007/06/18(月) 10:11:16 | URL | 管理人 #-[ 編集]
Tシャツ男様のコメントへ
また思いついたことがあって書き足しました。

アーティストメイプルセットを1度しか使っていなかった、他の方が1度使ったとのことですが、その方はどんな感想を持たれたのでしょうね?
その辺もお聞きしたいです。

それからチューニングが悪かったともありましたが、
やはり、どんなセットでもチューニングが悪いと本来の音は出せないと思います。
私も常に試行錯誤をしておりまして、出したい音程に合わせようとすると、タイコの方が拒否したりもしますので、タイコの持つツボにはめてあげる必要もあるかと思います。
しかしアーティストシリーズは、以外と融通が利きそうな気がしますが如何だったのでしょう?
クラブキットは、そんなに悩んではいないので、適当に使えております。
ご使用だったサイズを見ますと、私のよりは1インチ深いんですね。
私がセットを初めて買った頃あたりから、若干深胴サイズに切り替わりつつあって、廉価版のセットはパワーモデル的になっていました。
その傾向は、今も受け継がれているように思います。
ロックモデルとジャズモデルの違いのような感じなのですが、1インチ深くなれば、その分深い音になるわけですから、抜けの良い音を作ろうとすると難しくなってくるのではないでしょうか?
イマイチそういうのが嫌で、12インチまでは深さ8インチというのを変えずに今日のセットも購入しています。
私的には、台湾レモも日本向けレモもそんなに変わらないのではないかと感じています。
クラブキットに付属の台湾レモでも全然行けてましたし、逆に日本向けレモの方がこもり気味の感じがします。
クリアヘッドに替えれば、クリアーな音になりますが、ヘッドにこだわることなく鳴るポイント探しから始められれば良かったのではないかと思います。
寄贈したバンドにいって、今の音を聞かせてもらっては如何でしょうね?
現在の使用者が、良い音で鳴らしているかも知れません。
DCの西尾さんのコメントは、間違いないと思います。
お店ですから、購買意欲を掻き立てるようなコメントもするでしょうけど、あそこのスタッフは善し悪しをハッキリと言ってくれる方々だと思います。
楽器は良くても、良さを引き出せるプレーヤーでありたいと、私も常々努力しているところです。
2007/06/29(金) 17:46:11 | URL | 管理人 #-[ 編集]
Tシャツ男さんへ
先日、地元M高校に別の団体のコンサートのリハーサル風景を見に行ってきました。
そこにKさんという方が持っていたアーティストシリーズセットがあったのですが、もしかしてTシャツ男さんではないですよね?
Kさんが実際に叩いているところを見た記憶がないのですが、所有していることは知っていました。
なので、1度くらい叩いている姿を拝見していたのかもしれません。
お話を聞いていると、同じ時期だったなと思い当たる節が甦ってきています。
グロッケンにもお名前がありましたし、Kさんも私に負けず劣らずPREMIERかぶれの方だったようです。
M高校にすべて寄贈して、この世界から姿を消されたとのことですから、何があったのでしょうか?

やはり高校生です。
セットが可哀想なことになっておりました。
セットを叩いていた方は、ドラマーらしい叩き方ではなかったのでドラムの音色、スペックを聴き取ることは出来なかったのですが、フロアータムの鳴りは印象に残りました。
音が潰れない・・・ブンと響くのが耳に入り、随分鳴るな~ぁと気になっていました。
終了後、タムのラグを見て「あれ~ぇ?」アーティストじゃないか?とBDのフロントヘッドを見ると「PREMIER]の文字があるではないですか。
ケース類のはKさんのイニシャルが入っていましたので、間違いなくKさんのセットでした。

別人でしたらごめんなさい。
私の近くにもこんな方がいらっしゃったと言うことで。

発売当初は、まだイギリス本国で製造されていたものでしたね。
現在は、台湾製になっちゃいましたが。
しかしアーティストシリーズは、フルメイプル、フルバーチで出来ていますから、ソナーやグレッチ、ラディックに比べればしっかりしたセットなはずです。
ヤマハのYD-9000Rよりも、プレミアのクラブキットの方が私的には好きですし、ジェニスタ、プレミアシリーズは最高です。

何度も同じ事を言っていますね。
すみません。
また、良かったら書き込みしてください。
2007/11/20(火) 16:16:02 | URL | 管理人 #-[ 編集]

初めまして麟taといいます。
自分キース・ムーンが大好きで、彼が使っていたPREMiER のスネア2000の音が大好きなんですが、どの楽器屋にも売ってない・・・・泣きたい。
やっぱ売れにくいんですな。悲しいことです。

2008/08/22(金) 11:28:22 | URL | 麟ta #Uqev/FeA[ 編集]
麟ta 様
麟ta様。
初めまして、当ブログの管理人パートリーダーです。
書き込みありがとうございます。

キース・ムーンがお好きとのことで、当時のキースムーンがプレミアドラムを叩いているところ、突然ひっくり返してしまうシーンなどヘビーですよね!

お尋ねの#2000のスネアですが、現行品ではありません。
現在は、M2000という品番でモダンクラシックシリーズのメタルスネアとして発売されています。
しかし、日本ではプレミアというメーカーは知っていて、キース・ムーンも使っていて、一部の方は良い楽器であるということも知っていていながら、需要がありません。
SONORが今のように一般的な楽器になる前は、音楽学生ならプレミアを持っていた時代もあったくらいなのですが。
昔の2000のスネアは、ネットオークション等で中古を求めることしかできなくなってしまいましたが、メタル胴やパラレルアクションにとらわれることなく、他の木胴スネアもとっても良いスネアですので是非入手してみてください。
中古だと3万前後、高くても4万弱が妥当値段だと思います。
2008/08/22(金) 12:46:16 | URL | 管理人 #-[ 編集]
はじめまして
どうもはじめまして。神戸市在住のハシグチと申します。プレミアのドラムの大ファンで、誰かとプレミアドラムについて、情報交換したり語り合えたら思い、検索していたところ、当HPにたどりつきました。
お見受けしたところ、かなりのプレミアフリークですね。東京に行ったらまずコマキ楽器に立ち寄る私もそうですが、実際いいですよね。国内販売の終了、私も残念で「なぜ??」という思いが消えません。西尾氏によると、「プレミアを好きな人はめちゃくちゃ好きなひとが多い」のだそうですが、なんだか分かるきがします。私もプレミアを2セット持っています(笑)。ひとつめはシグニア。10x9 12x10 13x11 16x16 bd22x16 sd14x7がトパーズ。後に8x8 14x14サファイヤをイケベ中古で購入し計6タムのセットになりました。
もうひとつが、やはりというかクラブキット!こちらのほうがよく使ってます。持ち運び便利ですよね。近所のジャズカフェに持ち込んだり小ホールでのライブにと重宝しています。色はシルバーで楕円ロゴのuk製
です。ヘッドは全てpremierです。ヘッド各種集めてます。長々とすいません。また、メールしますね。
2010/02/10(水) 11:05:54 | URL | 神戸のドラマー・ハシグチ ヤスアキ #-[ 編集]
ハシグチ様
書き込みありがとうございます。
久々に書き込みがあり嬉しく思っております。

本当にPREMiERの代理店打ち切りはショックです。
高校の時に出会ってから30年、プレミアが一番良い楽器と思い続けてきましたから。
そして5年前にやっと入手したジェニスタを使い始めてから余計に虜になってしまっています。
それにしても、ドラムが売れないからドラムだけ輸入打ち切りかと思いきや、すべて打ち切りとは・・・
悲しいを通り越して絶望感に陥っています。
シグニアをお使いなのですね。
私は、ヤマハYD-9000が最初のセットでしたので、以来バーチを好んで使っています。
新品で買うことになっていたら私もシグニアを選んでいたかもしれませんが、今となってはジェニスタで正解だったと思っています。
ドラムシティーでタムタワー見てきたときに、プレミアシリーズのメイプル・バーチ・GEN-Xを叩いてきましたが、メイプルも透明な音で良かったですね。自分好みはやはり粘りのあるバーチでしたが、GEN-Xも捨てがたい印象でした。
GEN-Xは、録音したときに真価が発揮されるようなことをJPC機関誌に紹介されていたのですが、私は好きですね。
プレミアシリーズは、今までのサウンドよりとても癖のない物に生まれ変わっています。扱いやすさを感じました。
18×16のBDなんて本当に18?鳴りすぎでない?と思ってしまいます。
手放してしまったことに後悔がつきません。
もう買い戻すことも出来ないので、買えるようになるまで国内販売再開してもらえればと祈っております。

Tom類は深胴のようですね。
BDは私の方が2インチ深いですけど。
BDのミュートはどうやってますか?
私の場合は、あまりにも鳴りすぎなので、子供用の敷布団を入れています。逆に止まりすぎかとも思うのですが。
管楽器とのバランスもあるので、聞こえながらも出過ぎずと思って調整しています。
ヘッドは、BDはエバンスのEMAD、Tomはレモアンバサダーコーテッドを使っていますが、Tomも含めクリアの方が良さそうです。
西尾さんは、ピンストが合います!って言ってたけど。

長くなりました。
話は尽きないです。
また、是非書き込みをいただければ幸いです。
お待ちしております。
2010/02/10(水) 18:21:14 | URL | 管理人 #-[ 編集]
早速ご返事ありがとうございます。
ヘッドはとにかくpremierにこだわってます。(笑)
BDは打面にpremier DS,裏面は純正signiaロゴのヘッドからpremier CLの旧ロゴ(斜め大文字下2本線)に付け代えています。スペアとして、打面にPD,裏面に旧ロゴの穴あきDSや、同じく旧ロゴの大穴あきCLに代えたりして、楽しんでいます。BDのミュートはレモのマッフルリングで、気分で折りたたんだセーターを軽くあてます。タムは裏面は全て純正のCL responseですが、打面はRM TS DS CL-extra全て試しました。以前からDSが重厚かつふくよかで好きですが、CL-extraが素直な音で今気に入っています。RM TSのコーテッド系よりも不思議に倍音がおさえられて、明快かつまとまり音に感じます。ですがいずれも入手困難で、特に8インチ、13インチはRM TS DSとも1枚ずつしか所有しておらず、各方面でさがしまくっている状態です。(苦笑)
2010/02/10(水) 20:33:56 | URL | 神戸のドラマー・ハシグチ ヤスアキ #-[ 編集]
なるほど
参考になる情報ありがとうございます。

プレミア純正ヘッドも元はUSAレモと聞いていますので、レモなら遜色はないのかな?と思って使っていますが、日本向けヘッドとUSAでは若干の違いはあるのでしょうね。
スネアヘッドは、あくまでUSAにこだわっています。
JPCのアニバーサリーヘッドにしているのですが、以外としっとりした感じになるようで現在のお気に入りです。
コンサート系に使用するスネアはルネッサンスにしていたのですが、このヘッドなら落ち着いていて良い感じに使えてます。
DCのオリジナルスネアコード使ったことありますか?お奨めです!ジェニスタSDの音が変わりました。

BDのフロントはホールカットした方が良いのですかね?
クラブキットもジェニスタも私は空けてません。
YD-9000時代は、ホールカットされたヘッドを使っていましたけどジェニスタを使い始めてからホールは必要ないと思ったもので、密かに計画はしていたのですが、マイクで拾うわけでもないですしそのままになってます。

また、情報いただければ幸いです。


2010/02/12(金) 17:36:56 | URL | 管理人 #-[ 編集]

私はpremierのヘッドとremoのヘッドは別物だと考えています。その理由はつくりの違いです。remoのヘッドは、皮をフープに接着剤でとめています。(ただしマーチング用のfalam Ⅱを除く)エバンスやアク
エリアンも同様のつくりです。premierのヘッドは接着剤を一切使わず、皮をフープに巻き込んでロックする構造です。接着剤の影響がなく、チューニングをあげても、フープ近くがペリペリ音がしないのです。ludwigも同じ構造ですが、以前nashの村上さんにpremierのヘッドが(99年頃?)廃盤になって困っていると相談したところ、勧められたのが、attackのヘッドで、やはり接着剤を使わないタイプなのです。正直音の違いをどこまで聞き分けられるかは微妙ですが、premierのブリティッシュなイメージ重視と、premierのヘッドを使用してシグニアやジェニスタを研究開発したであろうクラフトマンに敬意を表して、これからもpremierヘッドを探し続けるマニアな私です(笑)
dcのコードは未体験です。premierのスナッピー645cを単品購入した時の付属コードを、そのままsignia sd 2057 につけています。一方、クラブキットのsdや、スチールの5インチsd 1005は、カノウプスのスナッピーコードを使用しています。青白帯のルックスもすきですし・・・。
ホールカットは好みの問題でしょうねー。自称ロックドラマーの私は、BD内のミュート量を調節できる状態にしたいので、何種か持ってるフロントヘッドはすべてホールカット済です。ヘッドつながりの話だけでもつきませんねー(笑)つい熱くなって語ってしまいました。でも話せることが嬉しいです。今日はこの辺で・・また!
2010/02/13(土) 02:00:54 | URL | 神戸のドラマー・ハシグチ ヤスアキ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/07/25(日) 08:24:25 | | #[ 編集]
Re: JPCメンバーてはありませんが
書き込みありがとうございます。
お問い合せの件ですが、残念ながらnashの村上様とは面識もつながりもございません。
以前書き込みを戴きました、神戸のドラマー・ハシグチ ヤスアキ様がご存じのことと思います。
メールアドレスがありますので、直接お問い合せいただければと思います。

今のところ私は、ドラムを炎天下に出して使う予定はございませんが、十分に注意して使用していかなければと
感じた次第です。輸入が止まってしまったプレミア社の物ですので。
無事治られることをお祈りしております。
また、nashを検索しましたらWebでも連絡は取れそうでしたので、そちらもご利用いただければよいのかな?
と思った次第です。

では、また遊びに来ていただければ嬉しいです。


> 当方こよなく Dr.を愛するものです。
> 実は 昨日 強烈な日差しの中で イベントがあり、30分ほどのステージでしたが演奏の最中 我愛するスネアーが 音が変わり 異常を感じました。演奏後 接着がはがれ 3mmほどのスキマが半周ほど認められました。 このスネアnash製で 非常に気に入ってます。前コメントのなかに 「nashの村上さん」と ありましたが
> クラフトハンドメーカーの方でしょうか。もしそうであれば 連絡して修理可能かお聞きしたいのてすが、如何でしょうか。もともとこの猛暑屋外で 使うつもりは無かったのですが、失敗しました。
> お返事 お待ちしてます。
2010/07/25(日) 18:51:13 | URL | パートリーダー #-[ 編集]

先日シグニア・マルキススネアを手に入れました。
シリアルナンバーは3桁台と早めの方。
質問ですがシグニア・マルキスはいつ頃作られた商品なのでしょうか?。
また当時の定価等教えて下さいませんか?。
宜しくお願い致します。

ちなみにレコーディングで1度しか使われていない美品を14,500円で手に入れてしまいました。
自分としてはこの音でこの価格なら破格だと感じました。
2011/03/17(木) 15:00:53 | URL | ­う様 #-[ 編集]

追記です。
SIGNIAとSIGNIAMarquisはどう違うのでしょうか?。
宜しくお願い致します。
2011/03/17(木) 15:06:09 | URL | ­う様 #-[ 編集]
はじめまして
初めまして。
Premierへの愛をとても感じる記事、拝見させて頂いております。
ぼくも1台Premierのスネアを所有しており、そのとても奇麗なフォルム、ラグ、フープをはじめ、芯が太く、パコーンとオープンで暖かなサウンドに惚れており、特にPOPSで良く使用しております。
この独特な形の(ダイキャスト!?)フープがサウンドを引き締めて、とても良いバランスで鳴っております。

実は、この所有しておりますスネアのスペックが知りたくいろいろ調べたのですが、詳しく分からず、パートリーダー様でしたらご存じではないかとコメントさせて頂きました。
パラレルアクションの全面辺りの14×5・5のwoodスネアでレインフォースメントがついております。
おそらく70後期~80年の2001というシリーズではないかと言う所までは分かったのですが、このシェルが何の樹なのかわからず・・・
マホガニーの様な色なのですが・・・

この様なコメントで申し訳ありません。
ご存知ではございませんでしょうか。

こちらのブログを拝見し、自分のこのスネアにも更に愛着がわいてきました。

素敵な記事をありがとうございました。
2011/12/06(火) 04:13:44 | URL | Kita #-[ 編集]
Re: はじめまして
Kita様

初めまして。
書き込み有り難うございます。

お問い合わせの2001の件でありますが、多少調べさせていただきました。
が、私も判りませんでした。
ただ、#2001あたりに使うシェル材でマホガニーとは考えられず、ヒントがないかと読めない英語と格闘したところです。
サウンド的に如何なのでしょうか?
マホガニーですと、以外にスカスカと言いますか、軽々しい感じなのかと思いますが。
バーチ系なら太め、暗めな感じ。
メイプルなら、明るく澄んだ感じのサウンドになるかと思います。
レインフォースメント付ですから、+ふくらみ感が出るのかとも思いますが、どちらにしても安っぽい感じはなく、他のメーカーにはない綺麗な音になると思います。

で、私の最後のすがり処であるドラムシティーに聞いてみました。
担当者は運悪くお休みだったのですが、2001らしき中古品が有るとのこと。
DCでもかなり調べたそうですが、Wood Shellとしか確認できなかったそうです。
DCで販売用の見解がここにありますので、ご覧になってみて下さい。


http://komakimusic.co.jp/e-JPC/database/database.cgi?cmd=dp&num=7292&dp=

入れなかったら、JPCを検索して下さい。
ショッピング>右側に中古品がありますので、バナーをクリックして入って下さい。

現行品の構成からしてもDCの見解は正しいように思いますし、プレミアのシェル材の選択がバーチ中心に考えて商品化されているように思われる部分が多々あるので、マホガニーを使っているとすれば、レインフォースメント部分だけとか。

一般的に認知度の薄いメーカーではありますが、昔から良い楽器を作っているPremierです。
普段のスネアはSONOR使っているんですけど、クリスマスコンサートでは久々にPremierを出そうかと思っています。

遅くなりましたが、Blogをご覧いただき、誠に有り難うございます。
以前はHPも開設しておったのですが、多少楽器を整理してから閉じてしまいました。
今後も、Premierが活躍しているところをお見せして行ければと思いますので、遊びにいらっしていただければ幸いです。
また、Premierに関する話題など(再輸入が始まりそう)を地方のか細い情報の中から発信できればと思いますので、宜しくお願いいたします。




2011/12/07(水) 15:30:49 | URL | パートリーダー #-[ 編集]
お久しぶりです。神戸より隣町に引っ越しました。
premierのドラムがまた日本に入ってきますよ!今度からはキクタニミュージックが代理店となります。
先日、本国のhpのstore finderにもkikutani musicの名を見つけて、驚喜しました。!
次回のカタログにラインナップが掲載されるか未定ですが、関西のドラムショップ、2店舗で輸入決定の事実を確認しました。気になる内容ですが、まずは廉価版(おそらく台湾製)のものから、市場に出てくるであろう、とのことですが、premierの素晴らしさ・伝統・イメージを上手く伝えて、販売してほしいと心より願っています。パートリーダーさまも同じ気持ちだと思います。
私が問い合わせたショップでは、いずれハイクラスのモデルも扱っていくとの情報を得ました。うれしいではありませんか!
2012/04/23(月) 19:08:08 | URL | 明石のドラマー ハシグチ ヤスアキ #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/04/23(月) 23:11:17 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/04/16(木) 01:47:53 | | #[ 編集]
Re: 2000シリーズスネアスナッピーの入手方法教えて下さい。
初めまして。

2000シリーズのスナッピーですが、ピュアサウンドと言うメーカーで2000用ではつばいされているはずです。
ただし、音色が純正に比べると明るくなると思います。
その辺はご了承いただかなくてはなりません。

プレミアをコマキ通商が取扱を辞めてから、商品情報が入りにくくなり困っているのですが、2000番は復活しているようですのでJPCかキクタニ楽器にお問い合わせいただけますと購入ルートがわかる物と思います。


> 2000シリーズのスネアを中古で購入しましたがパラレルアクションスイッチの部品とスナッピーが欠品状態でした。
> スイッチ部の部品は何とかセカイモンで購入し揃えましたがスナッピーは何処を探しても見つかりません。このスナッピーは両端エンド取り付け部が特殊で代替もないのですがどなたか代替含めた入手方法をご存知な方いらっしゃいましたら教えて頂けないでしょうか?宜しくお願いします。
2015/04/26(日) 20:37:13 | URL | パートリーダー #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tohkai.blog2.fc2.com/tb.php/67-b0defffb
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。