パートリーダーの独り言

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日(もう昨日か)ソナーメイプルライトの叩き初めをしました。
中古品のため、前所有者の仕様そのままです。
打面の叩き込まれたエヴァンスのヘッド。
買ってからそのままであろう、ボトムの純正ヘッド。
張り替えたのか、ソナーロゴのないスナッピー。
打面は、緩めだったため、1~2回転締めました。
さて、試運転です。
私はSクラスの印象があったため「Sクラスよりは延びがあるかな?」と思っておりました。
叩くたびに色々なことが感じられ、まずはさほどはち切れた音でなく落ち着いていること。
しかし、ヘッドのせいもあるかもしれない。
Sクラスでも感じた、一種の叩きやすさがあること。
そして、パワーがあること。
最初にこの3点を実感しました。
で、早速主にスネア担当の姉貴に叩いてもらいました。
最初はプレミアを使っていましたが、ソナーを叩き始め曲を終えた所でプレミアに戻そうか?と訪ねると「これで良い」との返事。
Sクラスの時は、プレミアがいいと言っていたのに・・・。とビックリ。
曲を通して少し離れたところから聞いていると、今までにない存在感が非常に印象に残る。
違和感では決してないのだが、別物がいるような?浮いてるとかではなく下支えをするような、しっかりした存在感を感じることが出来た。
ブリティッシュサウンド場合、明るい軽快な感じがあるのだが、透明感をある種引き締め役となって存在すると言う表現を使ってしまいたくなる程の太く鳴り響くサウンドは、素晴らしい存在感であった。
これは、楽器の素晴らしさに感動してしまう。
技量なくして楽器も生かすか殺すかではあるが、生きた楽器の音色を耳に出来るのは嬉しいものである。
数ある楽器を上手く使い分け、良いサウンドを益々追求したいものである。
譲ってくれた方、ありがとう。

DSC_0782.jpg

コメント
ヘッド等交換
前使用者の仕様を変更します。
不足の分が届くまで、打面のヘッドを交換しました。
純正ヘッドと同じ手持ちのRemoUSA仕様ヘッドを装着。
ボトムはRemoになるかエヴァンスになるか届いてみないと分かりませんが、純正スナッピと共に交換します。
中古での購入ではいつもしています、馴染んだヘッドも良いのですが、元々のサウンドを確認し、新たなサウンドを作るためにも必要な作業です。
レモは、エヴァンスより硬質なサウンドになるようですね。


2006/01/30(月) 01:00:05 | URL | パートリーダー #-[ 編集]
音色確認
注文していたヘッド・スナッピーも揃い、張り替え完了しました。
USAレモはプレミアマルキスに移してしまいました。
マルキスは、ルネッサンスを張っていたのですが、プラスティックヘッドの方がボリュームが出るように思いまして。
姉貴の耳にはボリューム感をソナーに感じたのかと思って、条件を同じようにしてプレミアの復活を試みることにした。
マルキスは、コーテッドにしチューニングも今までよりローピッチに。
その代わりボトムのテンションを上げた。
家の中なので、普段のようには叩けないが、コンコン・ザーと確認。
やはりプレミアのスネアは良い音がするなぁと改めて思う。
それに、このぐらいであればソナーにも負けないだろうと確信をもって、ソナーのヘッドにエバンスを張り替え音比べ・・・・ぎゃ~ぁ!!!!
やっぱりソナーの方が良い・・・。
プレミアもソナーも打面から出てくる音は、綺麗で繊細でどちらもとっても良いです。
しかし、ボトムから出てくる音圧がソナーは付いてくるんですね。
それでボリューム感が増すんです。
ソナー恐るべし。

ソナー・デザイナーでネットサーフィンしたらば、色々出てましたね。
ソナードラム超欲しくなってしまいました。
プレミアも満足しているはずなのに・・・。
2006/02/01(水) 21:43:24 | URL | パートリーダー #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tohkai.blog2.fc2.com/tb.php/39-aec1b494
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。