パートリーダーの独り言

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
う様、書き込みありがとうございます。

マルキスを14,000代でご購入とは破格です。
シグニアは、レインフォースメントが付いているのかと思いますが、マルキスはレインフォースメントレスになっています。
ですので、サウンド的にもストレートで切れが良くなっているはずです。
シグニア自体の音は聞いたことがないのですが、他のレインフォースメント付きシェルの音を聞きますと膨らみがあるようですので、マルキスの方がよりストレートな響きになることが理解できるかと思います。
発売時期は、詳細までは分かりかねるのですが、1990年代から2004年頃まで発売されていたものと思います。
正直その頃は高嶺の花でありましたし、プレミアドラムの情報が一般的に流れていなかったことが要因なのですが。

シグニアとマルキスの違いについてですが、レインフォースメントが付いているか、いないかと言うことであります。
現行のプレミアシリーズで言いますと、レインフォースメント付きのトラディショナルシェルとレインフォースメントレスのクラシックシェルの区分けになります。
完全現行は、呼び名が変わってエリートにクラシックと2シリーズに分かれているようですが。
輸入代理店が無くなってから自分も詳しく調べていませんし、英語も読めないのでその違いは分からない状態です。
カタログを見ると、エリートはPremierのロゴバッチ、クラシックはトレードマークのPバッチが付いているようです。
ただ言えるのは、シグニアやジェネシスの頃とは別物と言っても良いくらい良い楽器になってます。
無論、シグニアやジェネシスも良い楽器であることは間違いありません。
もしマルキスが不要になることがありましたら、同額で結構ですのでお譲り下さい。
まずは、大切にご活用いただけたらと思います。
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/09/07(水) 23:15:32 | | #[ 編集]
Re: う様へ
すみません。
コメントを戴いていたのに気付かないでおりました。
失礼いたしました。

プレミアのサウンドがどんなものか、ツボが分からないと暴れるかもしれません。
とにかく、裏のヘッドをパンパンに張ってみて下さい。
表は、うまくマッチするところを探してもらえると良いと思います。
ハイピッチになるかもしれませんが、ハイピッチでも綺麗に鳴るのが魅力でもあります。
国産のスネアや、ラディックのように、詰まった音には成りませんので、ひょっとすると
イメージに合わない可能性もあります。
マルキスの場合、明るくストレートなサウンドですので、その特性を生かした音作りを目指した方が
良い結果になると思います。
色々試してみて下さい。
持っていて後悔はしないと思います。

2011/12/17(土) 16:02:27 | URL | パートリーダー #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tohkai.blog2.fc2.com/tb.php/110-9d3dc99f
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。