パートリーダーの独り言

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スクールも2年目になり、2回目の発表会に参加しました。
昨年はロックでしたが、今年はジャズ。
曲はオン・グリーン・ドルフィン・ストリート。
キューバンとスイングが交互に入れ替わる、チョット面倒な曲です。
初めてのジャズデビューということで、すごく緊張しました。
課題を抱えての本番でしたので、体が言うことを聞かないほど。
まだまだ修行が足りないなぁ・・・と反省をしたところです。
来年こそは、もっと余裕を持って演奏できるよう、また1年頑張ります。

で、myシンバルとmyスネアを使いました。
スクールのドラムは、ヤマハのメイプルカスタムなのですが、チューニングが悪くて
気持ち悪いんです。
ヘッドが、もうボコボコになっていてどうしようもない状態。
シンバル類がK.ジルジャンというのが唯一救われているのであります。
しかし、あえて自分のものを持ち込みました。
まぁ、ジャズということでジャズらしい音が欲しいと言うことです。
シンバルは、K.ジル ミディアムダークライド 22"。
カップ音が穏やかで、ピング音もハッキリ出るのです。
その点は、使いやすさを感じるシンバルです。
スネアは、ジャズといえばグレッチ。
ブラスバンドでも異色に感じたサウンドでありましたが、このような音楽にはベストマッチ。
美味しい音でしたね!・・・と感じました。
リムを掛けた時のサウンドは非常に気持ちよいです。
やはりこのスネアは大事にしたいスネアですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。