パートリーダーの独り言

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今頃になってPremierについて語ろうと思い、カテゴリを設けました。
何故今頃・・・というのは、日本に輸入されなくなる危機に直面しているからなのです。
こんな危機を救えるはずがないのですが、これ程に良い楽器を間近で見られなくなる、新たに買うことが出来なくなるという事は避けたと思いますし、例えそうなっても「こんなに良いメーカーがあるのだ」ということを忘れて欲しくないので、このコーナーを作った次第です。

HPにも書いていますが、Premierに出会ったのは高校1年の時。
最初は、JPCの会報誌の紙面上で。
その後、地元の楽器屋さんで見つけたスネア=Myスネア1号機
そこから私のPremier人生が始まったわけですが、スナッピなど
高くて買えないのです。
高校生には5千円などという大金は、そう易々と出せるわけはありませんし、ヘッドも豆に替えてましたから維持費が大変でした。
でも、そのスネアから出るサウンドは、情緒豊でホール一杯に響き渡る楽器のポテンシャルに虜になっていました。
このスネアは、購入価格5万円ちょっとしたでしょうか。
国産の高級モデルより同じか若干安めの金額でしたが、音はそれ以上でした。
その後も、PremierのTimpaniなどプロオケで使っているのを見ると、耳を凝らしてサウンドを聴いたものです。
そして、現在夢にまで見たドラムセットを手にするまでに至りました。
たまたまヤフオクで安く出品されていたので購入出来たのですが、新品を買うとなると、今でも躊躇してしまいます。
やはり高い・・・。
冒頭に書いた危機というのは、ポンドのレートが鰻登りに値上がりしているようで、輸入単価の高騰に繋がっているそうなのです。
これは、イギリスがバブル期のようで、輸入元のコマキ通商は採算が取れない状況になってきているとか。
それで、輸入元を辞めるという手段もあり得るというのです。
現在も徐々に価格が変動しているようで、小径BDを注文しようと思ったのですが、価格表の値段ではなくレート換算してからということになってしまい予想を上回る金額になっていました。
アーティストシリーズも、発売当初は求めやすい価格でしたが、すでに5~6万値上がりしているとのことでした。
そのうち10万UPの時がくるに違いありませんね。

さて、その長き歴史を持つPremierのドラムですが、過去に様々な著名人が愛用していました。
キース・ムーンは有名で、現在もキース・ムーンモデルがNAMMショーに出品されています。
ほかに、バディー・リッチ、リンゴ・スター、フィル・コリンズ等々。
3年前くらいに、パールとエンドーズ契約をしてしまったバージル・ドナティーなど長年Premier Drumsで活躍をしてきたはずなのに、GretschやLudwigなど他のメーカーになってしまいました。
もし、そのままPremierを使っていたなら世界のPremierになっていたでしょう。
SONORをも凌ぐ大メーカーだったかも知れませんね。
25年前くらいも、とても高価なメーカーでしたから、安いLudwig等に移行したのかも知れません。
あるドラム専門店でも、SONORよりPremierの方が良いですよ!と言っておりましたし、その言葉に私も納得です。
現にSONORのスネアは確かに最良のスネアだと思うのですが、飽きはしないのですがどこか使いづらいといいますか、持て余すような気がして。
Premierは、そういうことが無くいつまででも使っていられるのです。
多少使い分けはしますが、使いやすく安心していられると思うのです。
たまに「Premierのスネア?・・・良くない」という方もいますが、決してそんなことは無いです。
SONORやDW、Gretschに比べれば、ドラムサウンドでない!というかも知れませんが、図太いサウンドではないけれど、音飛びは良いし綺麗な音ですし、他のメーカーには出せない素晴らしいサウンドの持ち主なのです。
このことをもっと理解して欲しいなぁと思っています。
セットサウンドも、非常に気持ちの良い音で、YAMAHAやParlなんて使っていられなくなります。
一度このサウンドを手にしたら、例えSONORでもいらないと思いますよ!
そのくらい良い楽器なのですね。
マイナーで高価なメーカーですから、非常に売れにくいという逆転現象
を引き起こしていますが、だからこそ輸入元も我慢しているとか。
こんな話を聞いていると、悲しくなってきてしまいます。
打楽器を始めてから30年近く、こよなくPremierに信頼を寄せてきた私にとって、これからも良き相棒となるに違いありません。

次回は、JPCのDCでTomタワーを体験してきますので、ご報告しながらPremierについて語りたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。