パートリーダーの独り言

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3年前から参加しているマーチング団体「マウンテンAsh山形」。
今年もピットとして参加をしています。
私は、間近まで楽器が揃わなかったことと仕事で練習に出られず、練習不足で不安なままで本番を迎えてしまいましたが、東北大会に駒を進められたことに安堵しています。
残り一月ちょっと、その中でも練習に出られるのは限られていますが、
課題を克服せねば・・・。
今回改めて思ったのがマレットの選択。
自分の音の好みと、求められる音のギャップが・・・。
今回はいつもは使うことのないフランネルマレットを使いました。
このマレットは、本皮のバロックティンパニに山響の先生は使っていました。
私も、プラスティックヘッドには使ったことがありますが、ルネッサンスにしてからはマッチングが悪く敬遠していたマレットなのですが、ぼやけるということで通常使っているフェルト巻きのマレットが使えなくなりました。
今愛用のKATO.B.Kは音量も出て発音もきれいなんですけど、やっぱり駄目でしょうか?
小学生だったでしょうか?
ティンパニのマレットを持った子を見たところ、やっぱりフェルトが剥けた後のようなマレットを持っていたので、こんなのでないと駄目なんだろうな~ぁ・・・と思った次第。
前日練習で、薄いフェルトを巻き直したマレットが折れてしまったのは誤算だった。
1組マーチング用に巻き直してみようかな?
ほかの楽器にもサウンド的に課題はありますが、まずは自分の完成度を上げるのが先決です。
がんばりましょう!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。