パートリーダーの独り言

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は、楽器マニアだけでなくいろいろありまして。
その一つ「オーディオ」です。
学生の頃中古で買いあさったシステムがあり、自分ではなかなかと
思って吹奏楽仲間と一晩中CDを聴きあさったものでした。
それから社会人になり、高級機種を聴いてしまい路線がハイグレード
システムへと代わっていったという経緯があって、ケーブルなどにも
だいぶお金をかけていました。
年と共に何故か縮小してしまった今日この頃なのですが、最低限度+@
で少しでも良い音を聞きたいと細々とやっています。
そんな中で、先日バンマスがスピーカーを売りたいとHPに書いていたので、早速見に行きました。
即買いでもらってきたのですが、聴いてみてびっくり!表情豊かで思わず聞き惚れてしまいました。
最初、インフィニティーカッパ7を長く聴いてきました。
このカッパ7を鳴らすためにいくらお金を使ったのやら。

結婚して部屋が手狭になったことで置く場所が無くなってしまったため
小型スピーカーに替えました。
2代目はSonusFaberのミニマFM2を中古で購入。
優しい発音で私好み。オケやジャズも優しく歌ってくれます。
中低音域の不足は小型だからしょうがないと思い妥協をしていたのですが、バンマスから譲り受けたJBL J216は、今まで足りないと思っていたところを出してくれます。
遠近感もあって発音がしっかりしているのでどの音域もちゃんと聞こえるんです。
ブラスバンドは、より明瞭に粒だちよく格好良く聞こえます。
JBLは元々レコーディングモニターやジャズを聴くのが最適との捉え方が一般的ですが、これだけ表情豊かに再生してくれるのであればオールマイティースピーカーと言っても過言ではないと思います。
B&W等にも音質は似ているかもしれません。
同じ小型スピーカーでもこれだけ違うのかと驚かさせられました。
またしばらくは、楽しいオーディオライフを送れそうです。

DSCF1480.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。