パートリーダーの独り言

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
演奏会が終わって1週間になりますが、その間書き込みをする気力がなくなっていましたが、やっと・・・というか息抜きですが初めて使ったプレミア&グレッチスネアについて書きたいと思います。

まずは、プレミアセット。
やはり良いじゃないですか・・・。
音抜けが心地よいです。
ブラシで叩いてもちゃんとブラシの音で鳴ってくれるし。
小さいタムが12インチからなので、ハイトーンにしているのですが
自然に音が鳴るし、音色も荒くならないから安心して使えます。
とにかく響きがグッドです。
安い買い物だったなこれは・・・。

次にグレッチスネア。
これまた味のあるスネアではあるが、タムと共鳴してしまうのが難点。
ピッチは妥協点の低いラインにいるのでどうしようもない。
あまりピッチを上げるとフープが曲がると言うし、実際ピッチを上げようとすると限界がきてしまうし、ボルトの位置のピッチが合いづらいのと難しい楽器ですが、リムショットがとても気持ちの良い音がするのではまり掛けてます。
ジャズ向きと言うよりは、セットに必要な音を出してくれるスネアではないだろうか?
ソナーデザイナースネアを買おうと思っているのだが、そうなったらどっちを選んだらいいのか分からなくなりそうです。
グレッチは、相当のパワーを持っています。
ソナー?関係ないね!
て、言うくらい独特の持ち味を持っているのではないでしょうか?
Pで叩いてるようでもあんまり抑えられなかったり。
しかし、面白い楽器です。
疎遠に考えていたグレッチ。
これは間違いでした。
ドラマーにはたまらない楽器です。
ただし、このスネアがグレッチの本物で当たり楽器ならですが。
ハズレだったら、ソナーに替えちゃおう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。